炊飯器のランキングをまとめてみました! 

 

2021年6月(令和3年)時点
 

炊飯器を買い替えるのに、ネットで色々検索したけど、結局どの商品が一番良かったのか今一わからなかった。

炊飯器のランキングが色々ありすぎて、どのランキングも載っている商品が違う。だから結局どの商品が良いのかわからない?

といった経験はありませんか?

 私は、新しい電化製品を買い替える時、いつも悩みます。情報化社会により大量の情報が存在し、結局どの情報が正しいのかわからなくなってしまいます。

色々なページや口コミを検索

商品紹介を検索 

数時間が過ぎる 

疲れ果てる。 

結局、近場の電気屋さんへ行って、定員さんに教えてもらい、勧められた商品を買ってします。

情報化社会って、良くなったの?情報が溢れすぎてて、逆にわからなくなってませんか?

 

丁度、私が炊飯器を買い替える時期なので、各サイトの炊飯器ランキングや口コミを調べてみました。そして、良き商品を絞り込んでみたので、皆様のお役に立てればと思います。

炊飯器ランキングを見る前に先ずは自分探し

 炊飯器などを探す時、とりあえずランキングを見てしまいませんか?

 わたしもよくやります。

おとんとととん
おとんとととん

とりあえず、困ったときのネットサーフィン!

 

 

実はこの行動が間違いでした。ネットサーフィンで、情報の波に溺れてしまいました。

 溺れないようにするために、まずは炊飯器の機能を確認しておかないといけません。

 炊飯器買い替えの最初の行動として、分の家族がどの程度の機能を使うのか?どのぐらいの値段で商品を購入するのかを確認しましょう。わたしの場合、調べる前はぼんやりとですが、

おとんとととん
おとんとととん

ご飯が美味しく炊けて、できるだけ安値で購入したいなぁ。

 

 

ぐらいしか考えていませんでした。

 まず、機能で大切なことが、マイコン式IH式、そして圧力IH式の違いを理解しておきましょう。

マイコン式とIH式と圧力IH式の違いです。

  1. マイコン式は、古くからあるタイプです。釜の底部分から温める仕組み。
  2. IH式は、近年の主流となっていて、釜全体が発熱する特徴。
  3. 圧力IH式は、釜全体が発熱し、更に圧力をかけて炊き上げます。

 まとめるとこの3種類の違いは、御飯を炊くときの加熱方法が違うということです。マイコン式 → IH式 → 圧力IH式といった順番で、炊き上がり方がより良くなっています。

マイコン式は、とにかくコスパが良いです。炊き上がり具合を気にしない方にとっては、マイコン式をおすすめします。1万円もかからない商品が多いです。

 

IH式・圧力IH式は、1~10万円前後と価格帯が幅広いです。マイコン式と比べると、炊き上がり具合がアップしています。口コミ情報でも多く見ましたが、

こんなに炊き上がりが違うと思わなかった。もっと早くに買い替えておけば良かった。

など多く見られました。我が家では、今までマイコン式 → IH式 → 圧力IH式 といった順番で炊飯器を買い替えてきましたが、マイコン式に戻ろうとは思いません。

 それでは、IH式と圧力IH式の違いについてですが、圧力IHの方が圧力がかかる分、火力が強いです。お米の炊き上がりがIH式と比べると、甘くもっちりとした食感になります。IH式は高価格帯のものが少ないのに対して、圧力IH式は10万円を超える価格帯のものまであります。

炊飯器ランキング まとめ

 2021年6月時点参照

 それでは、色々な炊飯器のランキングをまとめたので、ご覧ください。

価格帯ごとに分けてみました。

 2万円以下の人気商品(2021.6月)

 2万円以下のメーカーで、ランキングの上位によく出ていた商品は、

象印マホービン 

極め炊きシリーズ(IH式)

アイリスオーヤマ 

米屋の旨み 銘柄炊きシリーズ(圧力IH式)

おとんとととん
おとんとととん

この価格帯では、象印の商品が圧倒的に多かったです。その中でも、極め炊きシリーズが多くランキングインしていました。

 アイリスオーヤマの銘柄炊きシリーズも上位は少なかったのですが、多くランキングインしていました。

 

 

 2~4万円の人気商品(2021.6月)

この価格帯では、先ほどの

象印マホービン 

極め炊きシリーズ(IH式・圧力IH式)

アイリスオーヤマ 

米屋の旨み 銘柄炊きシリーズ(圧力IH式)

更に、

象印マホービン 

STAN.IH炊飯ジャー(IH式)

パナソニック 

おどり炊きシリーズ(圧力IH式)

日立 

ふっくら御膳シリーズ(圧力IH式)

おとんとととん
おとんとととん

この価格帯では、先ほどの象印やアイリスオーヤマの商品に加えて、パナソニックや日立の商品がランキングに入ってきていました

 

 4万円以上の人気商品(2021.6月)

4万円以上の商品になると、絞り込むのが難しかったです。色々な商品やメーカーがランキングに出てきていました。その中でも比較的ランキングに出ていた商品を幾つか載せてみました。

象印マホービン 

炎舞炊きシリーズ(圧力IH式) 

タイガー魔法瓶

土鍋圧力IH炊飯器シリーズ(圧力IH式)

パナソニック 

Wおどり炊きシリーズ(圧力IH式)

日立

沸騰鉄釜 ふっくら御膳シリーズ(圧力IH式)

おとんとととん
おとんとととん

正直高価格帯になると、この商品が人気という判断が難しかったです。

お役立ち情報

◆ 壊れやすい商品について

 買い替えの時に、気になることが長持ちするのか?ということです。壊れやすいメーカーはあるのか?など、気になりますよね。

 ズバリ、炊飯器に関してですが、ある程度有名なメーカーであれば皆壊れにくいです。

 象印、TAIGER(タイガー)、パナソニック、日立、三菱、東芝などです。最近では、アイリスオーヤマが電気製品に力を入れているのでお勧めします。

 私の個人的感想を言わせて頂くと、電気製品全般に言える事ですが、新商品は故障・トラブルが多い印象です。多機能商品も、シンプルな機能の商品に比べて壊れやすい印象があります。

 又、わたしの地元山口県の話になってしまうのですが、電気専門店に陳列されている商品は、ネットで売られている炊飯器と比べると、比較的高めの商品が並んでいる印象です。

おとんとととん
おとんとととん

1~2万円代の商品は、象印の極め炊きシリーズやアイリスオーヤマの銘柄炊きシリーズにしても、ネットならもっと安いのがあるのになぁ。

と思ってしまいました。まぁ、展示スペースが限られていて、新商品を売りたいから仕方がないのだろうけど・・・(-_-;)

終わりに

 調べた結果の感想です。

・とにかく値段重視の方は、マイコン式がおす  すめ

・できるだけ安く、更に美味しく炊きたい方はIH式と圧力IH式で探す

・美味しさ優先の方は圧力IH式がおすすめ

 

 美味しさを感じる味覚が人それぞれ違うため、どの商品が一番美味しく炊けるのかを判断するのはとても難しいように感じました。いろんなSNSでどれが美味しく炊けるのか実験しているので、気に入った商品で検索してみるのも良いかもしれません。

 ちなみにわたしは、1~2万円代で圧力IH式を探すことに決めました。

 人間は、一日35,000回決断をし、60,000回思考していると言われております。皆様の負担を少しでも軽減することが出来たら幸いです。

 ランキングに大きな動きがあった時、炊飯ランキングをまとめてみようと思いますので、その時は是非見てください。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。もし商品のランキングでお悩みでしたら、メールにて教えて頂ければ、まとめます。ご遠慮なくお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました